BBS Form






プレビュー (投稿前に内容を確認)
  

他己紹介~大井智樹~

 はじめまして。国際総合学類1年の松永知也です。

 今回は、馬術部一の伊達男「おおとも」こと、大井智樹さんを紹介します。


 彼は、大阪府出身で、ちょいちょい関西弁をしゃべってくれます。彼の優しい声質と、キレのある関西弁が混ざると、何とも言えないおおともワールドを感じます…。また、誰とでもすぐに打ち解ける性格で、先輩からも同期からも人気です。

 
 彼は生物資源学類に所属していて、自分の将来やりたいことをこの学類で見つけたいそうです。馬術部には生物資源学類の人が多く、授業の内容を共有できたり、共通の話題があったりするみたいで、私はとてもうらやましいです。


 彼が入部したのは、本新歓より後で、わたしたち同期の中では一番最後に入部しましたが、上達がとてもはやく、どんどんみんなを追い抜いて、今では同期の中で一二を争うライダーです。きっと将来は馬術部の主力となって、みんなを引っ張る存在になるのではないでしょうか。私も負けずに食らいついていきたいです…。馬術部に入部した理由は、全く違う世界に飛び込んでみたかったからだそうです。積極的な理由ですごいなと思います。上達のはやさもこの積極的な姿勢のなせる業なのでしょうか?見習いたいです。


 ちなみに彼の推し馬は桐鳳で、かわいらしいところときれいな歩様が好きなんだとか。初試合の北関東学生を桐鳳で出場してから、すっかりお気に入りみたいです。LINEのプロフィール写真が桐鳳のドアップだったり、桐鳳の話になると口角が上がったり…愛が伝わってきますね。この頃、おおともの顔が桐鳳に似てきたような気がするのは私の気のせいでしょうか、いいえ。

 

 以上、世界一のやさ男「おおとも」の紹介でした。ご清覧ありがとうございました。

他己紹介~池田玲奈~

はじめまして、生物資源学類1年の加藤葉月です。
今回は、生物学類の池田玲奈さんについて紹介していきたいと思います!

日本と西欧のハーフの彼女はとっても可愛らしい外見をしています。フワフワのロングの髪が私は好きなのですが、成人式が終わったらショートにしたいそうです。少しショックです…。髪と同じように池田さんは性格もフワフワしていて優しく案外お茶目な女の子です。いつも私は癒されてます。 

そんな池田さんは、なにかかっこいい新しいことを始めたくて、馬術部に興味を持ったそうです。実際に新勧に来たところすごく居心地がよく、昔から動物が好きなのもあり入部を決めたそうです!彼女は私からみてもとても馬好きで、サブ担当でもあるバーボンカントリーに「バ~ボ~ン❤」といつも話しかけています。可愛いですね。いつかバーボンの背中でうつ伏せになって揺られながら昼寝したいそうです。バーボンならありえそう…。

池田さんはドイツへの留学経験もあり、英語、日本語、ドイツ語の三か国語を流ちょうに操るハイパースペックを持っています。すごすぎですね…。そんな彼女の好物は、意外にもおせんべいとのこと。私が見た限り高確率で持ち歩いています。週一回のミーティングの時は大体持っています。以前競馬バイトの前にスーパーに寄った際、私が「おせんべい買ったら?」と言うと、「おせんべいはもう持ってきた~」と返されました。彼女のおせんべいの愛は思ったより深かったです…。われせんが特に好きなようです。おいしいですよね。

池田さんは生物学類に所属していますが、選んだ理由は「生物が好き」これに尽きるようです。生物学類は課題が多く大変そうですが、無理せず馬を癒しに頑張ってほしいものです。

最近発覚したのですが、池田さんは馬たちのレアな瞬間を撮るのが異様にうまいです。もはや天才です。興味のある方はぜひ写真を彼女に見せてもらってくださいね!!彼女曰く、シャッターチャンスに出会うコツは、「日々の行いのよさ」らしいです。みんなで見習いましょう。

以上で池田玲奈さんの紹介を終わります。最後まで読んでくださりありがとうございました。

他己紹介~野中梨花~


こんにちは、生物資源学類の武内希です。

今回は、生物資源学類の野中梨花さんについて紹介をしたいと思います。

私の彼女に初めて会った時は、大人しい!!という印象を受けたのですが、そんな事はなかったのです、、、

腰まで伸びた綺麗な髪を持ち、いつもメガネをかけている彼女は、喋り上手でとても面白い子でした!しかし、ここでは言えないような、あんな事やこんな事まで話題にしてくる子なので、時々、彼女の発言には驚かせられます。

実は、彼女は作り笑いをすると目が死んでしまうそうです。困ったものですね。実際に彼女の作り笑いを見せてもらったのですが、やっぱり目は、、ここまでにしときましょう。

ところで、彼女が生物資源学類へ進学した理由は、農学以外にも色々な分野に関われるので、新たな発見や見方が出来ると思ったからだそうです。生物資源学類は生物や化学から経済に至るまで様々な学問を扱っていますよね。彼女にぴったりな学問が見つかると良いですね。

馬術部に入部した理由は、小さい頃から馬が好きで、ずっと馬術部にはいることに憧れていたからだとか。これは期待が持てそうですね!ちなみに、サブ担当をしている桐翔の好きなところは、いつも眠たそうにしてるとこやご飯を待ってるときに馬房からじっと眺めてくるところが可愛い所らしいです。

寒さが苦手だという彼女が少々心配ですが、体調に気をつけて、これからも馬との生活を楽しんで欲しいと思います。陰ながら応援してます。

以上で野中梨花さんの紹介を終わります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

他己紹介~内窪夏希~

初めまして。生物資源学類1年の東優樹です。今回は同期の内窪夏希さんについて紹介したいと思います。

内窪さんの初見の印象と今の印象はほぼ変わっていません。元気の良さと笑顔と明るさがピカイチです。馬術部イチ眩しい存在といっても過言ではないでしょう。お笑い芸人並みにみんなを笑わせて元気づけてくれます。目指しているのでしょうか。

内窪さんは教育学類で、小中高の算数と数学の教員免許を取得するべく毎日勉強に励んでいるそうです。将来は小学校の先生なりたいみたいですね。持ち前の明るさで、間違いなくみんなに好かれる先生になれることでしょう。他のサークルやボランティアも掛け持っていて、今は3人の子供の家庭教師などをやっているそうです。意識の高さを見習いたいものですね。

ちなみに内窪さんの好きな食べ物はトマト、ロールキャベツ、唐揚げ、オムライスで、嫌いな食べ物は豆腐、和菓子だそうです。日本人!!トマトに関しては、夏に「トマトを作(らせ)る!」と言い出し育て始めるくらいですから、すごいものです。
朝日を浴びるとき、マイペースに行動できるときが幸せだそうです。馬術部は冬場は朝日が昇る前に朝作業が始まってしまうので残念ですね。

体操競技をかなりやっていたそうですが、中高と部活は吹奏楽部で、現在の寮にトランペットも持ってきているそうです。実は部長だったと聞きました。これは馬術部の主将有力候補でしょうか!?今はあまり楽器を吹くことはないそうですが、一度聞いてみたいものですね。

さて、そんな内窪さんがこの馬術部に入部した理由ですが、先輩方の人柄の良さだそうです。実は動物にほとんど関わったことがなくて、馬にもまだ慣れていないところがあるから、馬とどんどん仲良くなりたいと言っていました。まぁでも、彼女になら馬たちもすぐに心を開いてくれることでしょう。
馬術部を通しての目標は「たくましくなること」だそうです。たまに抜けてるところがあるのは本人には秘密ですが、もう十分たくましいと思ったりもしますが。
イチオシの馬はシャノンディール・アラディンくんだそうです。力持ちな外馬で、彼女のサブ担当馬ですね。イケメン!前髪がフサフサ!カッコいい!♡だそうです。
これからも馬との絆をどんどん深めて頑張って欲しいと思います!

以上で内窪夏希さんの紹介を終わります。ありがとうございました。

他己紹介~東優樹~

はじめまして。
芸術専門学群の浜野那緒です。今回は生物資源学類の東優樹君について紹介したいと思います。
私が入部したときには彼があまりにも馬術部に馴染んでいて、暫くの間上級生だと思っていました。人当たりもよく馬術部に尽くしてくれています。
そんな彼はとにかく生き物が好きなようです。その中でも昆虫が特に好きらしく、とても詳しくていつもすごいなあと思っています。でも何故かトンボは苦手のようです。謎ですね。
推し馬はサブ担の桐友で、遊癖がかわいいんだとか。
虫が好きな東君は、虫に携わる仕事をしたいと考えたときに、昆虫が農業分野に応用されるという話を聞いて筑波の農林生物コースに進み応用昆虫学の研究をしている研究室に入るべく北海道から来たそうです。
また、馬術部での目標は技術を高め自分も馬も楽しい乗馬をすることだそうです。彼は常に率先して取組み、頑張っている印象です。学業の目標も部活の目標も達成することのできる人だと思います。無理しすぎないか心配でもありますが、頑張ってほしいです。

以上で東優樹君の紹介を終わります。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

他己紹介~浜野那緒~

初めまして、生物資源学類1年の東優樹です。今回は同じ1年生の浜野那緒さんについて紹介したいと思います。

初めて那緒さんと出会ったとき、とても物静かな人だというイメージがあったのですが、話してみるととても面白くちょっぴり天然な一面を持ってたりもします。これからも色々な一面を見せてくれることでしょう。とても楽しみです。

那緒さんは、芸術専門学群の構成専攻で将来はビジュアルデザイン領域に進みたいそうです。高校では美術科で勉強し、今は基礎を学んでて、ポスターやパッケージのデザインとかブランディングもするらしいです!実はCMとかの映像作品にも興味があるみたい…?一時期樹脂粘土でフェイクフードを作ったりなんかもしていたそうです。僕も那緒さんのデザインしたカレンダーを見たことがありますが、とても上手でびっくりしたのをよく覚えています。すごいですね!

さて、そんな彼女ですが、馬術部に入った理由は元々動物が好きなのもあって、さらに大河モノで見た馬がかっこいいと思ったからだそうです!馬術部のここが好きってところは、馬がかわいいなぁって思うところらしいです。馬かわいいですよね。納得です。ただ、馬場が家からも体芸エリアからも遠くて通うのが大変なのが悩みどころのようです。しかし、僕はまだ那緒さんが遅刻しているのを見たことがありません。僕も見習いたいものです。馬術部での活動における目標は、「馬が運動しやすいような乗り手になること」だそうです。那緒さんなら、きっと優しくて馬思いな騎手になれると思います。

ちなみに那緒さんのイチオシの馬は、桐栄らしいです!愛らしい顔をしたおチビちゃんで、那緒さんのサブ担当馬ですね。駈歩が速くて楽しい~だそうです!

これからも大好きな馬たちと一緒に目標に向かって頑張っていってほしいです!

以上で浜野那緒さんの紹介を終わります。

他己紹介~関口東亜~

初めまして。教育学類の内窪夏希です。今回は、比較文化学類の関口東亜くんについて紹介したいと思います。

私が初めて彼に会った時、めっちゃ強そう!という印象を受けました。実際とても強いのです。少林寺拳法を12年間やっていて、二段を持っている実力者です。本新歓の際にも技を披露してくれましたが、動きが速すぎて目が追いつきませんでした。

このように少林寺拳法の有段者である上、とても大きくて、目力が強くて、初めはこの人を怒らせたら大変なことになるな、と恐れていました。しかし、実際はとても紳士で、目もクリクリしていて温厚な人柄の持ち主です。馬術部の同期からは“パパ”と呼ばれています。アイスを買ってくれたり、カレーを食べさせてくれたり、1人1人個性の強い私たちをいつも見守ってくれているパパ的存在です。

ちなみに、比較文化学類に入ったのは、“移民問題に文化人類学、哲学、統計学など多角的に取り組むため”だそうです。なんだか複雑ですが, いつか話を掘り下げて聞いてみたいです。哲学をしている時に幸せを感じるそうなのですが、普段彼はどんな哲学をしているのでしょうか。そこらへんも気になるところです。

文章ですべてを伝えることは出来ませんが、まとめると“パパ”。これに尽きます。みなさんも是非彼のパパ的側面にたくさん触れてみてください。

以上で、関口東亜くんの紹介を終わります。

他己紹介~照井安柚美~

こんにちは、比較文化学類の唐渡です。
今回は、人文学類の照井安柚美さんについて紹介します。

勉強面では、今あるジェンダーの形成の過程とその変遷を学びたいのだそうです。なんだか難しそうですね…。部室で真剣に勉強に励んでいる照井さんをよく見かけますが、私も見習いたいものです。

馬術部に入ったのは、放牧され動き回っている桐未来ちゃんを見て綺麗だなと感動したからなのだそうです。彼女は確か
黒い馬が好きだったはず。馬を美しいと思い馬術部に入るなんて素敵ですね。

彼女は馬術部のお母さん的存在です。照井さんの作る料理は本当に美味しくて実家の母を思い出します。宿舎暮らしの頃も煮物を作り部員に配るなどしていて、本当に尊敬しています!(菓子パンで生きてた私とは違い笑)
また、女子力がかなり高く、私は同じ女子として手本にしています。化粧や服などのファッションについて、生活面でのことなど、何でも相談に乗ってくれます。女子勢はいつも助けられています。

そんな照井さんの今後の馬術部での目標は、馬を良くすること、だそうです。抽象的ですがとても大切なことですよね。馬の調教面について彼女には頑張ってもらいたいものです。

以上で、照井安柚美さんの紹介を終わります。

奇怪な殺人事件を演出する日本政府

他己紹介~唐渡優希~

他己紹介~唐渡優希~
こんにちは、生物資源学類の松田森樹です。今回は、比較文化学類の唐渡優樹さんについての紹介をしたいと思います。

香川県出身の彼女は関西弁風の言葉でいつも楽しそうにたくさんおしゃべりをしてくれます。大学では、文化創造論を学びたいそうです。特にアニメーションについて色んな観点から分析、考察をしたいそうですよ。学問とアニメを結びつけるとはなんと魅力的なことでしょう!今度詳しく聞いてみたいと思います。

そんな彼女が馬術部に入部した理由は、もともと馬術部に憧れていたのと、旅行先での乗馬が楽しかったからだそうです。その時から馬術部に入る運命だったのでしょうね。

華の比文に所属する彼女のキラキラさは馬術部では異端です。毎日部活後はすごくオシャレな格好で学校へと向かいます。週2回以上ジャージで学校へ行く僕も少し見習うべきでしょうか。

また、唐渡さんは桐栄のことが大好きなのです。もはや愛しています。北関東にも桐栄で出場していたくらいです。今後も大好きな桐栄と共に馬術部を楽しく、明るく続けていってほしいものですね!彼女の今後の活躍を心より祈ります。
以上で唐渡優希さんの紹介を終わります。ありがとうございました。